人気ブログランキング |
2014年 03月 03日

井土ヶ谷事件


        
開港の3年後の1862年に起きた薩摩藩士が英国人を殺傷した生麦事件は
薩英戦争に発展したことで有名だが


翌1863年にフランス仕官カミュが日本人に殺害される井土ヶ谷事件が発生した

神奈川奉行所は下手人を捜査したが逮捕できず
幕府を非難した諸外国は警戒態勢を敷き
山手に外人部隊の駐屯地ができる発端となった

カミュは事件の翌日、今の外人墓地に埋葬され
国費で墓碑も建立された

場所は現井土ヶ谷下町で現場から100m離れた所に慰霊塔がある

なんでこんな場所でと思うが
ここは横浜(関内)から保土ヶ谷宿へ向かう幹線道路だった


f0326399_18034810.jpg


ここら辺が現場?
大岡川の蒔田橋はすぐ近く
f0326399_18041773.jpg



生麦事件は薩摩藩との行列トラブルだった
井土ヶ谷事件は尊皇攘夷派の浪人に襲撃されたのかもしれない

その後も外国人殺傷事件は多発している


そんな幕末から明治維新へと激動の時代は進んでいった




by yamamichishake | 2014-03-03 22:07 | 横浜 | Comments(0)


<< 切り裂きジャック      自転車レーン その後 >>