人気ブログランキング |
2013年 10月 01日

旧鎌倉街道をたどる 上ノ道編 1


                 
              旧鎌倉街道の「上ノ道」 (かみのみち)又は「上道」(かみつみち)


                      鎌倉~武蔵西部~上野国府(前橋市)


             上野国(群馬)から新田義貞が鎌倉攻めを行った時に通った道でもある

         現在の地名だと 鎌倉~東俣野~町田~多摩~府中~東村山~所沢~高崎~前橋



                  どんな所を走ってたのかは実際に見てみないと判らない
                   ということで全線を現代の馬🚴で走破する事にした


           本来なら「いざ鎌倉へ!」という事で鎌倉に向かっていくべきなんだろうけど
                     家から近いこともあって鎌倉を基点にした  

                        鎌倉~前橋までは 約160km

                       ROADツーリングが目的じゃないし
                できるだけ忠実にたどりたいので少しずつ走ることにした

                       とりあえず初回は行けるところまで


                      結果は鎌倉~深沢住宅まで 約10km
 

                                


                 鎌倉といえば八幡宮、なので全ての道はここをスターにした

     



                     鎌倉は三方を山に囲まれた自然の要塞

                      なので外への交通は全て切通しを通り
                      その主要切通しを「七口」と言っている


                      「上ノ道」の出入り口は化粧坂の切通し

                    かなり段差のある岩肌で崖のような険しい道

                 

                          八幡宮~化粧坂 1.5km


                 

                                

                   化粧坂をのぼると道は3方に分かれている

     

                    左は梶原へ降りる(Aルート)と銭洗弁天方面
             右は日野俊基の墓を抜け山之内へ降りて尾根道を走る(Bルート)

             どっちにしようか迷ったが尾根道というのにひかれてBルートにした

続きを読む

すぐに日野俊基の墓にでる
鎌倉幕府討伐計画がバレ、ここで処刑されたそうだ



そのまま真っ直ぐ行くと葛原神社だが手前を左に折れると
すぐに住宅があらわれ梶原住宅地の広い道となる

住宅地の道は深沢中学の400mくらい前から10%の坂を一気に下る
ここで今までが尾根沿いだったのが分かったが住宅で景色は見えない

深沢中学の向いに古道がそのまま残っている

数十年まえまでは生活道として使われていたが
横に新しく道ができたのでいつの間にか誰も通らなくなってしまったそうだ

階段の先は竹藪だが道筋は残っているので古道好きか
物好きが時々歩いてるのかもしれないがクモの巣だらけだった

 


湘南モノレールをくぐると一帯は洲崎古戦場だった場所

洲崎古戦場とは1330年新田義貞軍が鎌倉攻めの時鎌倉幕府軍と戦い
幕府軍が敗れた場所で6万騎あった幕府軍は
最後300騎ほどになってしまったそうだ

深沢住宅前にある現在はグラウンドになっているJR大船工場跡地の一角に
フェンスに囲まれた場所がある

洲崎の戦の約20年後に在所の民が戦没者供養のために供養等をたてたそうで
それがいまも「泣塔」といわれ残っている

フェンスの中に入れないので遠くからだがやぐらの中に宝塔の先がチョット見える

「泣塔」のいわれはやぐらを吹き抜ける風の音が
すすり泣くように聞こえたからと言い伝えられている



戦がおわってすぐに建てられた塔が残ってるのもすごいが
この剥げてボロボロになった由来説明板もすごい

昭和二十六年十二月一日 日本国有鉄道大船工場 

の文字が書いてある、よく残ってるな


 
                       Bルート 化粧坂~深沢住宅 3.2km


                 

                                

             ここ迄ずい分時間がかかってしまったので帰る時間も考え戻る事に
      ルートは新田軍(本隊)の攻め上りを想像しながらAルートを化粧坂までたどる事にした

続きを読む


深沢小学校横に「御霊神社」があり梶原地区の鎮守様で梶原氏の創建

石橋山の戦いで頼朝を救った梶原景時の像が江戸時代まで安置されていたらしい
でも景時って義経と対立し頼朝にありもしないことや悪口を言い
義経を死に追いやった「大悪人」と古くから言われている

やぐらの墓は誰のだろうか



また住宅地の広い道になるがBルートと違い山裾の道になる
化粧坂方面へ直前の登り口から狭くなり約400m、10%の坂を一気に上がる

攻め登る新田軍も騎馬じゃ一列、徒では横に3人ぐらいしか並べない道では
数万の軍勢でも最前線で戦えるのは数百になってしまい
化粧坂もこの大きな置石で人馬が詰まってしまうので
崖の上から幕府軍の弓矢攻撃の餌食になったのだろう

まさしく難攻不落の化粧坂

激しい戦いを繰り返しても化粧坂を攻略できず
極楽寺危うしの知らせを聞いた新田義貞はここを副将にまかせ
自身は2万の軍勢を引きつれ極楽寺へ向かい稲村ケ崎の海岸を通って鎌倉を攻め落した

 
                       Aルート 深沢住宅~化粧坂 3.4km


                 




                             編集後記


                    旧道は現在の道に拡張されたりもしてるが
                   かなりの部分は路地や裏道風みたいなので
                    車が少ないのでは思い走る決心をした

              み~やんの言うとおり車の多い道なんて走りたくないもんネ


           いざ走ってみると道筋を地図で頻繁に確認し、迷ったりしながらなので
                      思いのほか時間がかかってしまった
                 (こんときはまだコンパスを持っていなかったもんで)

                  今回自宅から自走をしたので約50kmになったが
                          休憩を入れて6時間

                    走行スピードは平均時速10kmがいいところ              
              

                 こんなことじゃ全線走破までにあと何回かかるやら


             尚、ルートラボは途切れてしまった旧道を繋ぎ繋ぎしてますので
                         全線旧道ではありません


                                

                           鎌倉街道のブログ

                          2013.9.17 鎌倉街道
                      2013.9.24 旧鎌倉街道 生い立ち編
                    2013.10.8 旧鎌倉街道をたどる 上ノ道編 2
                      2013.10.15 旧鎌倉街道はどんな道
                    2013.10.22 旧鎌倉街道をたどる 上ノ道編 3
                    2013.10.29 旧鎌倉街道をたどる 早ノ道編
                         2013.11.5 古道の宝庫
                    2013.11.6 旧鎌倉街道をたどる 上ノ道編 4
                    2013.11.19 旧鎌倉街道をたどる 中ノ道編
                          2013.12.4 くめやうし道



by yamamichishake | 2013-10-01 17:03 | 自転車 | Comments(0)


<< ヨットショウ      赤レンガパーク >>