人気ブログランキング |
2013年 08月 12日

榊神輿


           7月からお馬流しの横断幕とは別にもう一つ横断幕が町中に張られていた


                    江戸時代から続く根岸八幡神社の祭礼行事で
            戦争で中断後復活したが多額の制作費、人手不足、道路使用不許可
                  などの理由でで昭和50年(1975)を最後に途絶えた

       その後根岸町の住民を中心に復活の動きが起こり10年後の昭和60年(1985)から再開

               中断前の三地区持ち回りとは異なり神輿の製作は根岸町の
                   一地区だけになったため三年に度行われている

     


          昨年「根岸の榊神輿(さかきみこし)」で横浜市の無形民俗文化財に指定された

            



            神輿は普通のとは違い、榊(お払いとかで見るやつ)を組み上げたもので
                         製作は祭りの五日前から始まる

            榊(さかき)は静岡から仕入れてるそうで白滝不動の滝壺に一晩浸したあと
                枝を必要な長さに切りながら台座に太い枝を立てその周りを
                   四角錐から円錐になるよう大量の榊を組み上げる

               大きさは2m四方、高さは2m近く、重さは400kgを超えるそうだ

                          

                     神輿作りは一週間前の日曜日から始まった

続きを読む

担ぎ棒と榊を挿す芯の土台作りから始めるので
本当にゼロからの組み上げるため完成まで五日間かかるそうだ

そして組み上げは榊神輿保存会のみなさんによって行われる



第1日目(8/4日曜)

神輿の土台作り

榊を挿す芯と担ぎ棒を組む




神輿を揺らしても担ぎ棒がぐらつかないように縄を強く締め上げる
釘はいっさい使わない






土台完成、担ぎ棒だけでも普通の神輿くらいの大きさがある




明日から、手前にある榊を挿していく





第2日目(8/5月曜)

今年の榊は不動滝が濁っているため滝壺ではなく
消防署からプールを借り三箇所に別けて浸してある






榊の葉が青々としている




榊の組み上げは最下段から中心の骨組みへ差し込んで固定していく
最終的に積上げた榊の重さで枝がたわむのを考慮している

 


要所を針金止めし揺れても崩れないように縄ですべての榊を固定していくので
なるほど完成まで日数がかかる訳だ






まだまだ上へ盛り上がる







第5日目(8/8木曜) 完成

あらたに晒しと飾り?綱が縛られている




これで完成と思いきやまだだった

8/10土曜に根岸八幡宮神主により御霊入れがおこなわれたあと
町内の広場へ移動しお披露目となる





8/10土曜


御霊




お披露目(正面)





祭りが終ったらこの神輿はどうなるのか気になったので保存会の人に聞いてみた

数年前までは祭りが終ると榊は厄除けでみんな家へ持ち帰ったそうだが
前回あたりから誰も持ち帰らなくなったので廃棄処理をしてるそうな

何日もかけて作った神輿がたった1日で終ってしまうのが
なんかはかない気持ちになる




                             8/11(日曜)


                              榊神輿渡御

                   朝、根岸八幡宮へ運ばれ担ぎ出しを待つばかり

     


                担ぎ方は神輿が榊で出来てる以外普通の神輿と同じように
              威勢のよいセイヤセイヤの掛け声とともに足踏みで神輿をゆらす

            



               で、普通じゃないのは、いや珍しいのは担ぎ手の衣装と化粧

                   様々な模様で飾られた榊襦袢を身にまとい

     

                        顔に化粧をして町を練り歩く

               

                   

            

     


                  途中で他町内の神輿と行き違うときは掛け合いをして
              最後に差し上げをするので、衣装からくるイメージとは違い結構勇壮

     


                        町内をゆっくりゆっくり練り歩く

     


                        


                   




              先週に引き続き、近所で2箇所も民俗無形文化財があるなんて

                   海岸線は埋め立てで大きく変わってしまったが

                  昔からの祭りが変わらずに残ってるのはすばらしい



by yamamichishake | 2013-08-12 17:22 | 横浜 | Comments(0)


<< 榊襦袢      説明書 >>