人気ブログランキング |
2011年 09月 30日

ボクのMTB変遷 つづき

                 
                      いじり好きは次のステップへ進んだ

                目指したのは軽量化だがボクは幸いにして体重は軽く
                  よく言われるbikeを軽くするより体重を軽くしろ
               なんて必要なかったのでひたすらbikeの軽量化に邁進した

                         そこで選んだフレームが

                        SCHWINN MOAB SL

                          これが2台目のMTB

                        コンポはそのまま使ったので
        フロントサスはJUDY、メインコンポはDEORE、RDはLX、ホイールはCROSS RIDE

      そこからさらにフロントサスを2003年のSIDに、FDをXT、RD、ブレーキ、シフターをXTR
         ホイールをCROSS MAX SLへと組み替え重量はおそらく10kg台になったと思う

           ここまで最初のGIANTから1年経っていないので無駄使いっちゃ無駄使い

           この頃になると江ノ島だけじゃ、あ大楠山も行った(林道の往復だけだが)
                物足りなくなりどこか走る場所はないかとNETで調べ始め
                 やまアド(現ニワサイクリングツアーズ)に行き当たった

              いやそうじゃない、その前に会員登録(無料だったので)をしたまま
          幽霊会員だったのを思い出し2003、8に「東京シティライド」に申し込んだんだ

                 人見知りなので(信じてくれ)ドキドキしながら参加したが
                       和気あいあいとした雰囲気が楽しく
                 すぐに翌9月の「南会津サイクルトレイン」に申し込んだ

                  この画像には南チャン、山〇さん、タロちゃんがいる
             タロちゃんがいたのは覚えているが2人は最近になって気づいた

           
                     東京シティライド    photo by やまみちアドベンチャー


                 南会津では風景に感動し、お泊りの楽しさにはまり
               帰りの電車では11月「伊豆大島ツアー」に申し込んでいた

                  大島はスペシャライズド協賛だったため(今でも)
              契約ライダーにライディングを教わり親しく話しをさせてもらい
                 それがMTBで走ることにのめり込むきっかけとなった

               大島で目にしたのは雑誌で見たことがあるスペシャのbike

                  その中に以前から気になっていたEPICがあった
                 ペダリングでは動かず路面からの衝撃で反応する
                 ブレインショックは衝撃的であこがれのbikeだった


         その年の暮れにスペシャ契約ライダーだった相ちゃんのいる店へぷらりと寄った
                  すると店内に赤いEPICフレームが吊るしてあり
                   この時期なので旧型となるためセール価格

                        村斑邑ムラ。。。。。。。。。。。


                      2004、正月フレームを載せ替えた

              SPCIALAIZED S-WORKS EPIC FSR M5(2003)

         初めて乗った軽量フルサスbikeはまるで魔法の絨毯に乗ってるかのようだった

              そこから怒涛のツアーやレースや関東の里山走りが始まった

                カクタスカップ峰ノ原、茨城、大島、奈良、鳥海山、王滝、
                   八ヶ岳、千葉、群馬、五日市、飯能、天国、etc.

           
                       2004春 大島    photo by やまみちアドベンチャー


                  その後しばらく鳴りをひそめていたいじり癖だが
                 実はVブレーキだったのでdiskにしようか悩んでいた

                ネックはホイール交換が必要なので費用が大きい事と
                    車が無いため遠出はすべて輪行となるので
               オイル使用のdiskは取り扱いが難しいだろうと思っていた事

                  でも2006、7に行った岡谷のポールさんでは
              笑っちゃうくらいの大雨のなかVブレーキの限界と怖さを感じ
                          diskへの思いを強くした

               帰りの車の中でホイールは完組みしか頭になかったのが
           手組みでいいのが出来ると情報をもらいそこからdisk化計画が始まった


              2007、11月 コンポを全て970XTR化すると同時にdisk化
                      ホイールはMAVIC X819 DISK手組み

               disk化は安心感とカーブコントロールが走りを大きく変え
                         ますます山が楽しくなった

         しかし2008年末から病魔が一気に襲いかかりbikeの中断を余儀なくされる
                 というか、治療をして再びbikeに乗ることが目標となった

          手術も無事終え回復し始めたので2009から山道を少しずつ走り出した
                そこで病気に勝った自分への褒美でフロントサスを変更

        剛性UPとストロークを伸ばしたいのでFOX F100かROCK SHOX REBAにしようか
            迷っていたらSIDもインナーが32mmになってるというのでSID 32にした


                   そして今回7年ぶりにフレーム交換をしたのだが

           ROADは高齢でも乗ってる人が多いので自分もある程度乗れるだろうが
        山道はあと何年も乗れないだろうからMTBは今のEPICで終了かな、と考えていた

           ところが去年と今年還暦を迎えた友人たちがbikeを新調した、しかもMTB

                           これに刺激を受け

                   『よし自分もまだまだ山を走る70まで走るゾ』

                            と心に決めた

           bikeは今のでも良かったがモチベーションを高めるためにフレーム交換の
                           一大決心をした

                 SPECIALAIZED S-WORKS EPIC FSR carbon (2011)

                        さあ、これであと6年は乗るぞ!!

           


           おわり



by yamamichishake | 2011-09-30 15:22 | 自転車 | Comments(0)


<< ありゃりゃ      ボクのMTB変遷 >>