2008年 12月 23日

第1号

【横浜市認定歴史的建造物】

 ≪日本興亜馬車道ビル(旧川崎銀行横浜支店)≫

昭和63年(1988年)の横浜市歴史的建造物認定第1号です

大正11年(1922年)に旧川崎銀行横浜支店として建設されました
その後昭和61年に取り壊される運命にありましたが
平成元年(1989年)復元されました

実は復元されたといっても建物全部が残っているのではなく
新しく建てたビルの正面表側だけに外壁が保存されてます

写真では背後のビルが解らないように撮ってますが
9階建てのガラス張りビル入り口表面に外壁が貼り付けてあり
え、これが歴史的建物?って感じです

文化財に指定されていれば全部残すんでしょうが
横浜市の認定とはいえそんなに強制力はないのでしょう

歴史的まちづくりの要綱にある「歴史的景観の保全を図っている」
という部分を満足させるにはこの方法は
ある意味合っているのかも知れません

そうやって見てみるとこの方式で残された建物が多いです
いま建て直している≪ストロングビル≫もそうです
≪松坂屋≫もそうなるかもしれません

でも全てを残していくのが本当に歴史を大切にしていくこと
なのではないでしょうか

なんかちょっと残念です


[PR]

by yamamichishake | 2008-12-23 18:18 | 横浜 | Comments(0)


<< 小さな小さな自転車店      ゆず湯 >>