2008年 11月 12日

冒険SF小説

SFとか冒険映画は大好きである
それは子供のときに読んだ小説に胸躍せて
いた為かもしれない

とくにジュール・ヴェルヌの
「海底2万里」
が大好きだった

そんな小説をいま読み返してみると面白い

「地底旅行」の内容は覚えていなかったが
1800年代にかかれた小説は実に雄大で
奇抜とも思える発想であるが潜水艦ノーチラス
とか月世界旅行なんて現実のものとなっている

ロビンソンクルーソーは結構宗教的な部分が
多く子供の時によんだ印象とはちがった

「蟹工船」なんてはやっているけど
純文学を読みなおしてみるのもいいな


[PR]

by yamamichishake | 2008-11-12 21:37 | もろもろ | Comments(0)


<< 案内板      もうからまだへ >>