2008年 11月 17日

山手隋道と桜通橋

【横浜市認定歴史的建造物シリーズ】


≪山手隋道≫

麦田町と元町を結ぶトンネル
昭和3年(1928年)建築

関東大震災の復興事業で造られた
元町~本牧間は山手の高台を行くか海岸側を
行くしかなかったと思われ、市電本牧線が通ったこの隧道はいまも重要な交通路となっている

トンネル工事で出た残土は震災の瓦礫とともに
山下公園の埋め立てにもつかわれたらしい

今はとなりに第二山手トンネルができ一方通行の道路となっている


場所 中区麦田町~元町



≪桜道橋≫

昭和3年(1928年)建築

山手隋道の麦田町側すぐ傍にあり桜道が
本牧通りをまたぐ場所である

桜道は麦田町から山手公園下をぐるっとまわり
山手の高台へ続く道

桜道といっても桜の木があるわけではなく
なんで桜道と名前がついてるかよく解らない

正面から見ると隋道のアーチと橋のアーチが
重なって一瞬見逃しそうになる






[PR]

by yamamichishake | 2008-11-17 21:42 | 横浜 | Comments(0)


<< いつもの小径(こみち)      西之橋と谷戸橋 >>