2008年 10月 29日

指路教会



1874年(明治7年)あのローマ字を広めた
ヘボンの邸に教会が設立され、明治25年にこの地に新教会が造られ、「指路教会」と名前がつけられた

現在の建物は関東大震災後の大正15年に建て替えられた

ビルの間にはさまれているが
ゴシック風の建物は簡素な感じがする


横浜市認定の歴史的建造物

f0326399_21540532.jpg

歴史的建造物といえば伊勢佐木町の「まつざかや」が10・26に閉館となったが
その後の計画はまだ未定だという
横浜市は外観保存を要望している

歴史的な建造物は遺産として残してほしいものである


[PR]

by yamamichishake | 2008-10-29 22:25 | 横浜 | Comments(0)


<< スクリュー      収縮 >>