人気ブログランキング |
2015年 01月 22日

Kurikin奈良ツアー 番外編





「鹿」

サンルートホテルの前を鹿が。。。(';')

興福寺そばだったので普通に街中まで来るんですネ
車はクラクションも鳴らさずそっと避けて走り抜けてました
f0326399_11294854.jpg




「水番」

香水の時計? と思ったら番水の時計でした
f0326399_12202837.jpg

どうやら田んぼに水を流す時間を管理してる時計みたいで
おそらく時間になるとキンコンカンコンと鐘をならし
それを聞いた番人が土嚢を入れ替えて水路を変えるのでしょう
f0326399_12251166.jpg




「もちいどの」

むか~しからある商店街

この通りで記憶にあるのは奈良漬け屋さん横の公開TVで
皇太子だったころの現天皇陛下と正田美智子様ご成婚パレードを見たこと

そんな通りを小さいころからひらがなで「もちいどの」と思ってたら漢字だったんですね
f0326399_12421767.jpg

なんか由来がありそうだなと思って調べてみたら

もちいどのHPより

奈良で最も古い商店街のひとつ「餅飯殿センター街」。
「餅飯殿」の地名の由来は諸説ありますが、こんな伝説が残されて

います。今から千百年余り前、東大寺の高僧、理源大師が
大峰山の行者を困らせる大蛇退治に出かけることになりました。
そのお供に名乗り出たのがこの町の箱屋勘兵衛と若者七人衆。
たくさんの餅をつき、干飯を作り、大峰山に向かいます。
そして、大蛇の被害を受けた人々たちに「餅」や「飯」を配り、
無事に大蛇を退治します。
その後、理源大師は、この町の若者に「餅飯の殿」の称号を与え
その労をねぎらいました。
以来、この町を「餅飯殿」と呼ぶようになったということです。



賑やかな商店街も横道は風情があります
f0326399_12570432.jpg
f0326399_12573127.jpg




「510」

フラペ用シューズとして人気のFIVE TEN

壊れたので買い換えたんですが

今回510ユーザーが6人もいました
ガイドテニー5名
インパクト1名
f0326399_16494816.jpg




「ならクル」

奈良は見たいところがいっぱい、でも結構広いので移動が大変です
そんなにところに最適なのが自転車

県の道路環境課がサイクリストにやさしい奈良を積極的に展開しており
サイクリングコースを紹介してます

お世話になったモローさんLoweさんさかチャン夫妻も紹介されてます
f0326399_14452075.jpg

コース案内標識が整備され
コンビニには専用ラックがあります
f0326399_21445986.jpg


二日目に泊まった宿
「橿原公苑ジョギング&サイクリングステーション」
も紹介されてます
f0326399_10553421.jpg


おわり



前泊
初日
二日目
最終日






by yamamichishake | 2015-01-22 00:01 | 自転車 | Comments(0)


<< ミリタリーロール      Kurikin奈良ツアー 宴 >>