人気ブログランキング |
2015年 04月 24日

善光寺御開帳



知ってるようで知らなかった善光寺の御開帳

f0326399_11050071.jpg


善光寺は宗派が別れる前からあった寺院なので無宗派になっているが
天台宗と浄土宗が管理しており
住職は天台宗が「大勧進貫主」浄土宗が「大本願上人」で
御開帳期間中それぞれ違う日に大法要が営まれる


寺の歴史は縁起によると
554年インドから渡来した日本最古といわれる阿弥陀如来は
曽我氏物部氏の政権争いで掘りに投げ込まれたが
そこを通りかかった本田善光と言う人物に如来が声をかけ
声をかけられた善光は如来を持ち帰り安置したところ霊徳があり
その霊徳が広く知れ渡り662年天皇が伽藍造営を善光に勅許した、それがいまの善光寺

霊徳の話しで有名なのが

「牛に引かれて善光寺参り」

昔~し
強欲な婆様が干してあった布を牛が角に引っ掛け持っていったので
取り返そうと追いかけていくうちに善光寺へ着き
仏心に目覚めて改悛し極楽往生を遂げた
その牛は観音様の化身だったそうな

それが小諸にある布引観音




その日本最古の阿弥陀如来像は「絶対秘仏」で住職ですら見ることが出来ない

じゃあ絶対秘仏になったのはいつからなのか
縁起では如来が見せるなと言ったので伽藍が造営された662年(飛鳥時代)となってるが
学者の間では異論がある

全国に多くある秘仏でも何年とか何十年に一回とか必ず御開帳があり
そもそも仏陀の尊い姿を現したのが仏像でそれを人々が拝み信心するので
絶対見れないというのは仏教上矛盾するし
鎌倉時代から数百年の間に十数回御開帳の記録が残っており
秘仏ではあっても絶対秘仏ではなかった

じゃあなぜ絶対秘仏になったのか
なんかミステリーの世界になってきた

公開できない原因で考えられるのは度重なる火災で焼失とか盗難とかで如来が厨子の中に無い場合
そりゃ確かに開けられないわなぁ
そんな流言が元禄の頃に蔓延したので幕府は円覚寺の僧を派遣し扉を開けた
それが扉を開けた最後

あったのかなかったのかって?

如来はあったのでそれから流言は収まったそうだ

でもほんとにあったのかなぁ
民衆の動揺を抑えるために幕府が嘘ついたかも。。


いつどうして絶対秘仏になったのかはさて置き

御開帳される前立本尊はいわば如来像のレプリカ
そのレプリカも鎌倉時代に作られたものなので重要文化財になっている
秘仏とお顔が似てるか分からないけどこのレプリカを七年に一回拝むだけでも有り難いことなんです



今の本堂が1704年に再建されて以来、回向柱は松代から牛にひかれて寄進される
そして数えで七年に一回ということは羊年と丑年ごとになる

ここでも牛が出てきた

これが前立本尊で右手に結んでる紐が
回向柱に繋がっているので柱を触ることで如来さまとの縁が結ばれる
f0326399_16360944.jpg
                        yahoo画像
f0326399_20223971.jpg


次の七年後には行けるかどうかわからないので沢山お願いをしてきましたが
にわか信心はどうだかね~(^^ゞ


おわり







by yamamichishake | 2015-04-24 00:01 | 自転車 | Comments(0)


<< F1第4戦 バーレーンGP      大活躍 >>