人気ブログランキング |
2015年 10月 20日

護衛艦いずも


18日は観艦式なので護衛艦「いずも」がおお桟橋に1週間前から接岸し一般公開されていた

19500トンだが全長248mと飛鳥Ⅱより長い

f0326399_16455742.jpg



格納庫は10機入るが現在は7機運用

f0326399_16541272.jpg


甲板への航空機用エレベーターは後ろに1機
斜めに昇降するので格納庫のスペース確保にもなる
(訂正:斜めではなく垂直昇降の様です)

f0326399_16564719.jpg


前方に1機

f0326399_17001394.jpg
f0326399_17014440.jpg
f0326399_17031164.jpg


動き出すと期せずして声が上がる



5機が同時発着出来る全通甲板は広い!

ヘリコプタースポットはここで艦首に向けて駐機する(真ん中の前方ラインが艦首)
ヘリ発着時、艦は風上に向かって航行し
ヘリが発艦する時は機首を艦首に向けたまま左斜め前方ライン方向へ飛び
着艦する時は左舷後方から機首を艦首に向けたまま右斜めラインに向かって進入する

この時ローターが巻き起こすダウンウオッシュで人は飛ばされてしまうため甲板上は誘導員のみ

f0326399_17160346.jpg



艦載機の哨戒ヘリコプターSH-60J
(米シコルスキー社ライセンス三菱製)

コクピット下にある黒い眼玉みたいなのは電波逆探知装置
機体後方左右にもついているので上下45度角で機体をグルっとカバーし
攻撃用レーダー照射をされるとこれで解る

f0326399_18055999.jpg



一見ミサイルと思ったのは磁気探知機で
ワイヤーで水面近くまで下ろし潜水艦を探知する
鉄を探知するのでクジラを誤認することはないがカーボン製潜水艦なんか出来ると探知できない

しかしワイヤーで牽引してるので
僚機などから下からミサイルにねらわれてるよなんて言われる笑い話もあるそうだ

ワイヤーだけなので一見フラフラしそうだけど
後ろについてる穴のあいたラッパ状の羽根?がうまく姿勢制御してるそうだ

f0326399_18242221.jpg



リアに大きな翼があるのでビックリ
これは姿勢制御用だそうでホバリング時はこの角度で飛行中はAUTO制御

f0326399_21085171.jpg


レーダー後方は管制塔

f0326399_21150333.jpg



接岸時の緩衝浮はいままで見たことがない巨大なもの
総トン数のはるかに大きい客船に比べると小くても頑丈なのでこれくらい必要なんですと

f0326399_21245246.jpg



f0326399_21304385.jpg









by yamamichishake | 2015-10-20 00:01 | | Comments(0)


<< F1第15戦 ロシアGP      長岡ラーメン >>