人気ブログランキング |
2017年 03月 28日

2017年F1 開幕戦 オーストラリアGP


大きなレギュレーション変更でワクワクさせてる今年のF1

でもそう簡単に勢力図が変わるものではなく
開幕前の公式テストではメルセデス・フェラーリが早かった


そしてメルセデス優勢と思われた開幕戦はメルセデスの自滅ではなく
フェラーリ(ベッテル)が力で抑え優勝

去年の様にフェラーリが尻つぼみにならなければ今年は面白いんだけど
f0326399_17575490.jpg


そしてもうひとつワクワクさせる原因のマクラーレンホンダは

アロンソリタイア、バンドーン2LAP遅れで完走
結果から見ると定位置、いや去年より後退しており車のパフォーマンスは最悪


公式テストではまともに走れずホンダに批判が集中したが
実はマクラーレンが発表してない車体のトラブルも内包していた

その辺の詳しい話しはNumber web

ホンダは今までのエンジンでは勝てないので
メルセデスが3年前に始めた燃焼システムを取り入れた新しいエンジンに今年から変更した

開発規制のタガが外れたので大いに期待してしまったが
3年前から技術を積み上げてきたライバル達に今年から始めたばかりのホンダが対等なれるほどF1は甘くない

エンジンの性能不足ばかりが取り上げられているが
車のパッケージはエンジンと車体がうまくかみあってこそ最高のパフォーマンスが生まれる

公式テストの段階でもベンチテスト通りの馬力が出ていなかったらしい
素人考えだけど車に積んだら馬力が出ないってエンジンマウントや車体強度とかにも問題があるんじゃないの?
百戦錬磨のマクラーレンもそのあたりは解ってる筈だが自分達の車体熟成不足は黙っており
原因をエンジン(ホンダ)に集中させてる様に見える

はたしてアロンソのリタイア原因は車体の破損、クラッシュではない
バンドーンはシステムトラブル

救いは両ドライバーとも最高のパフォーマンスをしたとチームが称えドライバーも自分自身を褒めていること



流石にレース後マクラーレンはエンジンのせいにはせず次にむけてお互い頑張るとコメントしている
f0326399_18410505.jpg
                          AUTO SPORT




次回は4/9㈰ 上海中国GP






by yamamichishake | 2017-03-28 00:01 | 自動車 | Comments(0)


<< CT検査      杉田臨海緑地公園 >>