人気ブログランキング |
2019年 05月 11日

F1ヨーロッパラウンド


レッドブル/トロロッソの2チーム体制で始まった今年のホンダ

初戦オーストラリアではレッドブル3位入賞と順調なスタートを切ったが
続く3戦は4位と今一つ表彰台に届いてない

今週末のスペインから途中カナダを挟み10戦ヨーロッパラウンドが始まる
各チーム車体のアップデートをしてくるので勢力図が変わる可能性があり
レッドブル/トロロッソも期待できそう

そして新体制となったレッドブルはエナジーステーション(モーターホーム)も一新した
オーストリア産のカラ松を使ったホルンハウスと呼ばれる木造建築で
2チーム分を収容する大きなものをスタッフ25名が2日で組み上げるそうだ

f0326399_16344366.jpg
f0326399_09025504.jpg
                            Photo by AUTO SPORT


レッドブルは2005年にエナジーステーションを導入したことで流れを変えたことが有るそうで
チーム代表は今回も新しくした事で再び流れを変えることを期待している

非力なルノーエンジンに合わせた空力車体だった為ダウンフォース不足だったのを
ホンダPOWERに合わせたアップデート空力パーツを投入するのでどれだけ競争力が上がるのかワクワクしてしまう






by yamamichishake | 2019-05-11 00:01 | 自動車 | Comments(0)


<< 走りまくり      令和最初の三隻同時入港 >>