人気ブログランキング |

カテゴリ:奈良( 16 )


2017年 09月 04日

反応


iphoneやipodのコードをnetで探してたら
安いところがあったのでポチっと

数日後届いた封筒に押してある会社の住所

奈良県。。ん!奈良県!!

しかも富雄

友達の地元じゃん

「富雄」駅は降りたことあるぞ


と、奈良というだけで反応してしまう自分なのでした( ^^) _U~~

f0326399_09533506.jpg


by yamamichishake | 2017-09-04 00:01 | 奈良 | Comments(0)
2017年 02月 21日

奈良


奈良にはもう2年行ってない

横浜そごうの前で関西観光地案内をやってので
パンフレットを集めてみた
マニアックな場所ばかりを取ったので説明員はちょっと不思議そうな顔をしてた

f0326399_16430127.jpg



そうか三郷町って平群だったのネ






by yamamichishake | 2017-02-21 00:01 | 奈良 | Comments(2)
2016年 06月 03日

らほつ饅頭


またまた思いがけないところで奈良にバッタリ
しかもうっとこの近所のスーパーで

奈良って見ると反応しちゃうんだよね
f0326399_20585702.jpg

しこかも生駒だし
てか、斑鳩って生駒なんだね(~_~;)
f0326399_21020659.jpg


かりんとう饅頭
f0326399_21042046.jpg
中はこし餡
f0326399_21063025.jpg



by yamamichishake | 2016-06-03 00:01 | 奈良 | Comments(0)
2016年 02月 05日

バーマンズ


思いがけないところで奈良にバッタリ

バーテンダーとショコラティエがコラボして作った洋酒タップリの生チョコレート


なんと奈良もちいどのセンター街に工房があるんですと
f0326399_17412673.jpg
f0326399_17413486.jpg



焼酎のお湯割りで食べたけど美味しかった~






by yamamichishake | 2016-02-05 00:01 | 奈良 | Comments(0)
2014年 02月 14日

御所市


                  
              去年の毛呂山町に続き全国で有名になった奈良県御所市(ごぜし)


           今回はソチオリンピックハーフパイプで銅メダルを取った平岡選手の出身地

                      地元はエライことになっとるそうで。。。

                     故郷奈良っちゅうだけで嬉しいんですが
                 今年行った葛城山は御所市なので嬉しさ倍増です


                       御所市はどこにあるかっていうと

            奈良盆地の西南端にあり葛城山、金剛山の東麓一帯に広がる扇状地で
                 天孫降臨の地、高天原や葛城古道が残る神話の地

                   金剛山地の西は大阪府、すぐ南西は和歌山県

                         
                                    Wikipedia


by yamamichishake | 2014-02-14 09:23 | 奈良 | Comments(0)
2014年 01月 30日

なんと


                       
                  昨日の「笑っていいとも」にフトマルさんが出ていた


            


                そう正月の奈良で行ったロックンたこ焼きのフトマルさんです

     

                       
                        アルタでもノリノリは大うけでした

                            ワッケンロー

            



by yamamichishake | 2014-01-30 09:38 | 奈良 | Comments(0)
2012年 03月 06日

奈良

         
                 先日横浜そごう前で「ほんまにええとこ関西」と銘打って
                        各県が観光アピールをしていた

                    やはり奈良県が目についたので寄ってみた

                     そうか、お水取りはもう始まっているんだ

             スタッフの奈良弁でみなさんが思い浮かび行きたくなっってしまった

                        


                   パンフは自転車で廻りたいところを集めてみた



by yamamichishake | 2012-03-06 11:11 | 奈良 | Comments(0)
2012年 02月 06日

鬼に訊け

           
                  最後の宮大工といわれた西岡棟梁の話は以前書いた

              薬師寺金堂、西塔 法輪寺三重塔 法隆寺など数多くを手掛けた            
                     西岡棟梁のドキュメンタリー映画が上映される
                 と斑鳩の住人Loweさんが語っていたので見に行ってきた


                              「鬼に訊け」


                 千年もつ建物にするため千年の樹を使い白鳳の技法で
                  堂塔を作り上げた西岡棟梁はやはり凄い人だった

                 そんな凄い人にLoweさんは子供ころ会ってるなんて
                        なんともうらやましい限りである


                        そしてもう一つビックリしたのは

              早く着きすぎたんだけどオープン前から外にはもう人の列ができ
                  144席は満席で通路にも座る人が。。。立ち見も
               上映2日目で単館だし1日1回なので混むのも当然なのかも
                                    
                   年配の方が多かったが好きな人は大勢いるんだ


                      3月上旬まで予定してるが単館ものは
                客が入らなくなると打ち切るので興味がある方はお早めに

                                     
                           渋谷「ユーロスペース」

            



by yamamichishake | 2012-02-06 11:37 | 奈良 | Comments(0)
2011年 03月 11日

東大寺 お水取り

            
                  3月1日から東大寺「修二会」の本行がはじまり
                練行衆の道明りとして松明に毎日火がともされている

                  奈良に住んでいたとき見た記憶は残っていない
                  でも会社へ入る前に父親に頼んで奈良へ行き
                   昔の部下の人にお水取りを案内してもらった



                  松明を舞台の上で降り群集に火の粉をあびせる

               火の粉を浴びると無病息災になり、落ちた杉の燃えカスを
                    持って帰ると護符になるので何本か拾った

                     お堂の後ろへ回り「走りの行」をみたが
              錬行衆が堂内を走り五体投地をする迫力は目に焼きついている

                        たぶん右側の格子から覗いた

f0326399_14073037.jpg

                    



             明日12日の深夜は若狭井から「お香水」を汲み上げるお水取り

                     15日で2月から始まった行が満行となる


                       そしてお水取りが終わると春本番




                            は~る~ヨ~♪



by yamamichishake | 2011-03-11 21:14 | 奈良 | Comments(0)
2011年 02月 10日

宮大工

            
                   宮大工とは神社仏閣を日本の伝統的技法で
                     建築、補修をする大工のことだそうだ

                   先日書いた薬師時の伽藍再建にあたっては
                      飛鳥時代の建築工法で造営できる
                   「最後の宮大工」と称された法隆寺の棟梁
                         西岡常一がたずさわった

                  1000年もつには樹齢1000年の木が必要と説き
                飛鳥時代の手鉈(ちょうな)や槍かんなを再現して用いた
                     信念の強い、仕事に厳しい人だったそうだ
                  金堂、西塔を再建したあと1995年に亡くなったが
                  講堂の再建は西岡の跡を引き継いだ上原政徳が
                      棟梁となり7年の歳月をかけ完成した

                 そしてコピーライター糸井重里が西岡唯一の内弟子
                 「鵤工舎」舎主、小川三夫と対談しているのを見つけた

               道具、信念、木、芯柱、弟子の話など興味深い内容が沢山
                      こういうのが好きな方はご覧ください

                  但し、全9回と長いので暇なときにどうぞ⇒こちら



by yamamichishake | 2011-02-10 21:48 | 奈良 | Comments(0)