人気ブログランキング |

<   2014年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 30日

鎌倉の隋道 その四



《五岳荘隧道》


妾トンネルのそばにある今は塞がれた隋道で、隋道マニアの間では有名な場所らしい




扁額には「五岳荘」とある




ずいぶん上にあるが手前を切り崩して整地しているようだ




「五岳荘」というのはどうやら妾トンネルを掘った名人の住まいだったようで
すぐ隣に新しくトンネルが掘られている




私道につき行き止まりとあるがちょっと入らせてもらうと
それほど広くはないが平らな場所にトンネル名人の子孫の方かわからないが家を建築中だった

五岳荘隧道の反対側が気になったけど敷地内のようなので。。。。





他に登ってこれる道はなさそうだし
軽自動車が通れるくらいのトンネルだけど建築資材はここから運んだのかしら






by yamamichishake | 2014-05-30 00:01 | 自転車 | Comments(0)
2014年 05月 29日

鎌倉の隋道 その参



《妾トンネル》


なにやら怪しげな名前のついたトンネルがある




ここは地形的には八幡宮側の小町と大町打越の間に祇園山が横たわっている場所で
かつて互いの町の行き来は山を大きく迂回しなければならなかった

鎌倉図書館の資料によると
明治のころ大町に住むトンネル堀り名人が町の人に便利だろうと
私財を投じて山をくりぬきトンネルつくったとある

でも名人の息子さんによると
八幡宮前に住むお妾さんに会いにいくのにトンネルを掘ったのだそうだ

なんかそっちの方が真実味がありそう

いずれにしろ明治の人は凄い



山の上の方に造られてるので入り口まではかなりの激坂となっている




長さは100mくらい、道幅は軽自動車が通れるくらいで内部は補強してある
事実、車も通ってるようでタイヤの跡がついている




トンネルの上は祇園山ハイキングコース




by yamamichishake | 2014-05-29 00:01 | 自転車 | Comments(0)
2014年 05月 28日

天国


天国にモノレールが敷かれ何やら工事中になっていた

f0326399_13493388.jpg


「あちゃ、ここになんか出来るの?」

と思い工事の人がいたので聞いたら

送電鉄塔の塗装工事で資材の上げ下ろしの為にモノレールを敷いたそうだ


じゃあ工事が終われば撤去されるんだ、安心安心




でもこの急坂部は伐採してレールを敷いてあるが撤去した後はどうするんだろう

新ハイキングルート?

それにしちゃ急勾配すぎる

ほぼ崖だぜ
f0326399_13523157.jpg



話しは変わりますが

この日はシューズ確認をするので天国へ行ったんです

山にはウオーキングイベントで1000人くらい入ってるということだったので
ハイカーさんを避けるため1年ぶりくらいに崖の上のポニョへ行きました

ところがその先の今まで乗って下りてた岩盤の連続ドロップオフセクションでは
光る岩肌を見てなんか嫌な予感がしたので歩いちゃいました

要はビビったんです(++)

ここを歩いたのは初めて、自分でもビックリ


シューズが不安だったのかなあ

歳とったのかなぁ






by yamamichishake | 2014-05-28 00:01 | 自転車 | Comments(0)
2014年 05月 27日

さあどうだったか


新調したシューズで山道を走ってきました

ホールド感の違いは気にならなかったが
ペダルに足を載せた瞬間ソールの違いが解った

インパクトはペダルに軽く載せるだけで吸いつくよう収まり足を左右に振ってもずれなかったけど
このガイドテニーは硬さを感じ、軽く載せてる状態で足を左右に振るとずれる

そしてシューズ形状の違いなのか漕ぎ出しで左足をペダルに載せる位置が一発で決まらない


今迄よりずれ易いソールで段差や荒れた路面での食いつきが心配だったけど
体重がしっかりかかった状態ではインパクトと大差は無い


やはりインパクトはbikeに特化しただけあって一日の長がある

今までインパクトを履いていたのでやや不満はあるが
最初にガイドテニーを履いてたら食いつきの良さを感じたのではなかったのかろうか

漕ぎ出しで足位置の固定にもたつくけど一度決まれば今までと同じ感覚で乗れ
足位置は慣れれば一発で決められると思うので満足度としては80%かな

f0326399_13304352.jpg





by yamamichishake | 2014-05-27 00:01 | 自転車 | Comments(2)
2014年 05月 26日

FIVE TEN


お気に入りのMTBフラペ用シューズ FIVE TEN IMPACT

5年経ちソールが剥がれ、そのたんびに接着して履いてたけどもう限界
f0326399_14515428.jpg

買い替えようと同じものを探したら
日本ではクライミングシューズの需要は多いけどBike用は少ないため
輸入をやめたそうで今は国内にある流通在庫だけ


探したらハジメさんのとこにあった

でもBike用としても人気のあるガイドテニーが気になりどっちにしようか迷ってしまった

インパクトの方がbikeに特化しており足を包むホールド感が良いけど重く
またソールが剥がれるんじゃないかとチョット心配

山のアプローチシューズとして作られてるガイドテニーは軽量

問題はソールの材質だけど
インパクトのS1ソールはピンへの食いつきが抜群でどんな路面でも外れない

でもガードテニーのC4でも十分食いつきは良い、とハジメさんもお薦めだし
ダウンヒラーじゃないし歩くことも多いので
気分も変えようとガイドテニーにした
f0326399_14530104.jpg

色はおとなし目にしたかったんだけどシャケカラーにしてもうた**;
f0326399_15094989.jpg



さあ、山道はどうだろう






by yamamichishake | 2014-05-26 00:01 | 自転車 | Comments(2)
2014年 05月 23日

鎌倉の隋道 その弐



《北鎌倉駅そばの隋道》


北鎌倉駅の改札は土日になると円覚寺側の臨時改札が開くが
普段は鎌倉街道側しか開いてない

円覚寺側の線路脇に道はあるが駅東側の人や山ノ内の人々は
駅の間に山の端が舌状に横たわってるため
踏み切りのあるところまで行き鎌倉街道へ出てぐるっと周らなければならない

そんな不便を解消すべく線路脇の道へ出られる近道隋道がある



まず一つ目は

特徴のある入り口は駅に近いからよく見えるので知ってる方も多いと思うが

「好々亭洞門」

これは向こう側にある中華料理店の「好々亭」がお客様用に掘ったのだが
とうぜん住民の往来にも役立っている

ちなみに「好々亭」は2007年に閉店している


[線路側]



[山ノ内側]

隋道の上はほとんど山の端っこ




二つ目は「小袋谷の隋道」

線路脇の狭い道は大船方面に100mくらい進むと東へ折れその先に隋道が現れる

駅近くなので電車内から見えるがよほど注意してないと一瞬で通りすぎてしまう

[線路側]


[山ノ内側]


[線路側への出口]




三つ目は「プラットホーム裏の隧道」ここはホームからよく見える




北鎌倉駅そばの隋道の中ではここが一番役立っているのではないろうか

線路脇の道は円覚寺からずーっと繋がってれば
踏み切りは近くなり便利なのだがここで山の端っこが通せんぼしている

なのでいつ頃誰が造ったのだろうか穴を開けて道をつないだ

思わず首を縮めて歩いてしまうくらいの高さだが反対側には「私有地注意」の看板がある


手前の砂利道部分は私有地、左は線路、奥の車は通れるのだろうか





想像だが地域のみなさんが便利なようにと私有地の持ち主の方が掘ったのかもしれない






by yamamichishake | 2014-05-23 00:01 | 自転車 | Comments(0)
2014年 05月 22日

鎌倉の隋道 その壱


隋道とトンネルってどう違うんだろう

なんて調べてみたら国土交通省の見解では名称の違いだけだって
どっちで登録したかなんだろうけどなんかロマンが無いな

一般的に古いものは隋道、新しいものはトンネルとつけてるようです


でも隋道っていう方が先人達が苦労して切り開いた道っていう感じがしてボクは好き



鎌倉は山にかこまれているのでいろんな場所に隋道やらトンネルがある

この釈迦堂口切通しは上が塞がれてるので形式上は隋道、いや洞門かな





隋道のなかでも車の往来用ではない地元の生活に密着した場所を探してみることにした






by yamamichishake | 2014-05-22 00:01 | 自転車 | Comments(0)
2014年 05月 21日

青連寺切通し




鎌倉の切通しであまり知られて無い場所がある


この切通しは藤沢から江ノ島へ抜ける手広地区に残る古道「江ノ島道」の尾根道で
ゆったり登る青連寺切通し(女坂)となっている

住宅の裏に登り口があり階段がしばらく続く
f0326399_15083653.jpg

これでゆったり? 女坂とは思えない斜度がありbikeではきつい
f0326399_15124967.jpg


峠の三叉路から先
古道であった道は残念ながら宅地造成中で通行止めとなり途切れている

途中にある庚申塔が古道であったことをを忍ばせる
f0326399_15190522.jpg



江戸時代になると青連寺から直登する谷戸切通し(男坂)ができた

男坂は現在通行不可になっているが高さ10mを越える堂々とした切通しは
外灯があるので近年まで生活道として使っていたようだ

鎌倉景観百選になっている
f0326399_15262519.jpg


男坂の横には青連寺(鎖大師)へ抜ける参道(隋道)が掘られているが
昭和32年に青連寺の境内を切り崩して県道304号線がつくられたので隋道は埋められた
f0326399_15300982.jpg
f0326399_15304064.jpg



おそらく青連寺は谷戸のどんずまりで
そこをぶった切って道路を造ったのだろう


右が青連寺、左の山が女坂

話しは逸れますが左の車はロータスorケータハムセブン
f0326399_15544543.jpg


フレームインするのを待ってみた
f0326399_15560829.jpg


反対側からだと切通しがよくわかる

道路左が青連寺、右の山から寺に向かって参道と男坂が掘られている
f0326399_15564326.jpg






by yamamichishake | 2014-05-21 00:01 | 自転車 | Comments(0)
2014年 05月 20日

首が回らない


そう借金で

自転車操業だもんな


いやいやそうではなく

1週間くらい前から首が痛くて横へ向けなくなってしまい
寝返りうつのにも痛くて頭が持ち上がらず手を添える有様

寝違えてないしむち打ちにもなってないので
そのうち治るだろうと思ったけれど
1週間たっても症状が良くならないので整形外科へ行ってきました


そう骨折のたびに行ってた近所の整形です
最後に行ったのは6年前

でも先生は覚えてくれていて

『今度はどうしました?』

また骨折と思われてしまったようだ**


診断結果は頸椎がずれており、その影響で筋肉が炎症してるらしい


「どうやって治りますか」

『骨のずれは治りません』


てことで筋肉の炎症を抑えるのにハップ剤と、こわばりを抑える薬をもらいました


もともとすぐ足を組む癖があり
姿勢が悪かったし
口腔癌手術で首の筋肉が片側無いし
そんなことも影響してるんだろうな

治まるのを気長に待とっと


チャリ?


乗れます






by yamamichishake | 2014-05-20 00:01 | もろもろ | Comments(0)
2014年 05月 19日

薔薇


ツツジも終わり今は薔薇が満開

f0326399_14381169.jpg
f0326399_14391448.jpg


ここの庭園のバラは見事らしんですが
入館料が結構したので入りませんでした^^
f0326399_14562169.jpg






by yamamichishake | 2014-05-19 00:01 | 季節 | Comments(0)