人気ブログランキング |

<   2015年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 29日

青春時代の車たち 4 戦後初の国産乗用車



ノックダウン生産によらず自社開発に進んだトヨタは
1955年クラウンを発売

乗り心地と堅牢さが好評でタクシー業界に受け入れられ
純国産で世界水準の車となった

観音開き初代クラウン

トヨペットクラウン
RS系
f0326399_11264824.jpg


日産はオースチンのライセンス生産と並行しして
後のブルーバード(310)に発展する純国産のダットサン110を1955年に生産開始
1957年の210にはオースチンから吸収した技術がつぎ込まれていた

ダットサン210型

1958年オーストラリア・モービルガストライアルAクラス優勝車
f0326399_21130098.jpg
                                     Wikipedia


1960年オースチンの後継車としてクラウンに対抗するセドリックがデビュー
最上級車を純国産したという意味ではこれが日産の実質戦後国産車と言えるかも

クラウンとともにスタイルはアメ車の影響を受けてるが
後発の分洗練されている

縦目のセドリック、覚えてる

日産セドリック1900カスタム(30型系)
f0326399_21262828.jpg
                                      Wikipedia



ノックダウン生産をした残りの2社も純国産へ発展した

日野はルノー4CVを1953年~1963年まで生産し続けたが
ルノーと同じリアエンジンで1961年に純国産のコンテッサ900を発売
デザインはミケロッティで優雅なスタイリングだった

1964年にエンジンを拡大し1300となったが
トヨタと提携してバス・トラック専用メーカーになったため1967年に生産終了
日野の最初で最後の純国産乗用車となった

会社の先輩が1300クーペに乗っていたが後部座席でも窓が広く開放的な室内だった

日野 コンテッサ1300クーペ
f0326399_10503473.jpg
特徴的なリア
f0326399_10541606.jpg
                                      Yahoo画像



そしてもうひとつのいすゞは
ヒルマンの生産と並行して1962年にクラウン・セドリックと同じクラスで
ベレルを発売したが商業的には成功しなかった

いすゞ ベレル
f0326399_11035548.jpg
                                      Yahoo画像

しかし1963年に発売したベレットはヒルマンの経験が生かされ
日本初のディスクブレーキを採用したGTタイプは60年代の名車となった


いすゞ ベレット1600GT

これは会社の同僚が乗っていたけどダッシュボードが高く視界が狭かった
f0326399_11160070.jpg
                     
                 Yahoo画像

終戦後いすゞはトヨタ・日産とともに御三家と言われたが
販売不振により2002年乗用車部門から撤退した


トヨタ以外ノックダウン生産をしなかったメーカーはどうしたかっていうと
国民車構想に関係しており、そのあたりは別稿で。。。


とその前に会社初の乗用車ではないが初の4輪自動車がこれだったのがホンダ

ホンダT360

軽トラックだがエンジンがなんとDOHC
なんでトラックにそんな高性能エンジンを載せたんか?
どうやらスポーツカーS360と共用できるエンジン開発をしていたそうだ
しつこいけど高回転型エンジンを低回転で高トルクが必要なトラックに載せるなんて。。。
f0326399_12514425.jpg
                                      Wikipedia


                                   つづく


予告 次回は「軽自動車」


シリーズ
青春時代の車たち







by yamamichishake | 2015-05-29 00:01 | 自動車 | Comments(0)
2015年 05月 28日

青春時代の車たち 3 ノックダウン生産車


戦後日本の産業復興のためには自動車産業の強化が必須であるとして
通産省はノックダウン生産を指導した

他国や他企業で生産された主要部品を輸入し
日本国内で組み立て販売をするのがノックダウン方式で生産技術を習得した後には
ライセンス契約をして部品を国内生産するようになりやがて純国産自動車が生れる

戦前と違い部品を作る工場は育ってきてるので
全ての自動車メーカーがノックダウン生産したわけではなく
トヨタは自社開発を選び日産/日野/いすゞはノックダウンを選んだ


そう子供のころは外車が多かった


日産オースチンA50ケンブリッジ

日産は1952年からイギリスBMC社のノックダウン生産を開始し
1958年ライセンス契約で完全国産化をしたあと
トヨペットクラウンに対抗する後の日産のトップモデル、セドリックへと発展する
f0326399_21521363.jpg
                                     Wikipedia




日野ルノーCV4

1953年からノックダウン生産を開始し1958年にライセンス契約で完全国産化
フランス本国で生産終了した後も1963年まで造られた

タクシーで多く使われ最も記憶に残っている車で
小学生の時に時学校行事の映画を見た後友達と乗ったっけ
まあタクシーもよく小学生を乗っけたもんだ
f0326399_22112239.jpg
                                     Yahoo画像



いすゞヒルマンミンクス

いすゞがトラック・バス専用メーカーから乗用車分野への進出の先駆けとなった車で
1953年からノックダウン生産を開始1956年二代目モデルチェンジし
1957年ライセンス契約で完全国産化をし1964年まで製造された

これも結構みかけてたなぁ
f0326399_10362746.jpg
                                      Yahoo画像





ノックダウンからライセンス生産になり技術力を高めやがて純国産車へと発展する



                                         つづく


予告 次回は「戦後初の国産乗用車」


シリーズ
青春時代の車たち







by yamamichishake | 2015-05-28 00:01 | 自動車 | Comments(0)
2015年 05月 27日

青春時代の車たち 2 トラック・バス


さすがに木炭バスは見たことないけどオート三輪を駆逐したのは
どんな大きさのバスでもトラックでもエンジンが前にあるボンネット型だった

しかしトラックは積載効率を上げるためエンジンの上に運転席のあるキャブオーバーとなり
バスは座席を増やすため客席を上に乗せられるリアエンジが現在日本の主流となっている



ボンネットトラック

日本では特殊車両を除いてボンネット型はないが海外向けには生産してるそうだ

日野 KB120

この剣道のお面みたいなグリルは日野だな
f0326399_17525191.jpg
                                      Yahoo画像


ボンネットバス

大量輸送の時代に入り1971年にボンネット型の生産は終了したが
前輪が運転席の前にあるため路肩の位置を確認しやすいのと
狭い集落を通過する際箱型では軒が当たってしまう場所でも
軒下に鼻先をくぐらせれば通過できたので
山間部の路線を中心に近年まで定期運航していた

その一方各地で観光用として運航してる例が多い

いすゞ BX50
これは2007年5月に定期運航を終了した西東京バス
ひょっとしたら五日市で見たことがあったかも
f0326399_18153515.jpg
                                      Wikipedia



そしてそして知らない方もいるかと思うけど

トロリーバス

路面電車とバスを併せたもので公共機関として多く運用されていたが
交通量の増加と路線バスが発達してきた為廃止となった

日本でかつて走っていたのは

東京
川崎
横浜
名古屋
京都
大阪
宝塚

今は立山黒部のトンネルトロリーが走っているだけ

高校生で川崎にいたころ走ってたけど
交差点やらカーブするたんびに良くポールが架線から外れ
運転手が外へ出て架け替えをやってた

こんな複雑な架線じゃ外れもするだろうけど
進路を変える時ポールはどうやって付いてったんだろう


 横浜トロリーバス
1967年市電とともに全廃
f0326399_18173883.jpg
                                      Wikipedia


                               つづく

予告 次回は「ノックダウン生産車」


シリーズ
青春時代の車たち

1 オート三輪






by yamamichishake | 2015-05-27 00:01 | 自動車 | Comments(0)
2015年 05月 26日

ロストラル


久しぶりの船ネタ

大さん橋も最近はここが母港ではと思えるくらいしょっちゅう見かける船がいるので
チェックしてなかったんだけど油断してたら横浜初入港があった
というか関東エリア初入港だそうで

?????関東エリア初って
海外客船が入港する港ってそんなにあるの???



10700トン

なるほど大きさ的には東海汽船の「さるびあ丸」より一回り大きいぐらいなので
そこそこの港であれば接岸できるんだろう
f0326399_21251993.jpg



外観はヨット・クルーザー型のスマートな形状
f0326399_13323233.jpg
1万トン位の船だと10万トン級の大型クルーズ船より揺れるのかなあ
f0326399_13353624.jpg
f0326399_13354241.jpg












f0326399_13425661.jpg
f0326399_13450041.jpg


この日は二隻同時入港
f0326399_13480123.jpg


反対側には去年12月に初入港した
「コスタ・アトランティカ」
f0326399_13513436.jpg



f0326399_12004191.jpg







by yamamichishake | 2015-05-26 00:01 | | Comments(0)
2015年 05月 25日

F1第6戦 モナコGP


いやあ、枕~れんホンダ
Q2には2台とも進みましたが
去年のタイムから1:17台ならばQ3進出かと予想したけど大甘でした

16秒に入らなければダメでしたね~
ALONSOは原因不明のシステムダウンでエンジン止まっちゃうし
BUTONは最終アタックで自己ベストタイムを出しながらロズベルグのコースアウトで黄旗が出て終了

抜きどころがないここは土曜の予選が決勝のようもので
ドライブミスやマシントラブルがなければ0.001秒の僅差でも予選の順位がほほそのまんま最終順位になる



決勝スターティンググリッド

1位 ハミルトン(メルセデス)
2位 ロズベルグ(メルセデス)
8位 サインツ(トロ・ロッソ)重量検査不履行ペナルティで最後尾
11位 グロージャン(ロータス)ギアBOX交換ペナルティで5グリッド降格

12→10位 バトン(マクラーレンH)
15→13位 アロンソ(マクラーレンH)



決勝

アロンソ、中盤で9位走行してたので
ペナルティ5秒を足してもうまくすればポイントか
と思われたがギアボックストラブルでリタイア
つきの無いアロンソ、ストレスが溜まるだろうな


そしてレースは最後に大波乱がやってきた
セーフティーカーが入ったときトップを余裕で走っていたハミルトンがピットイン
タイヤ交換して戻ったらなぜか3位に転落
そのまま走っているロズベルグ、ベッテルにも抜かれ3位に落ちた

えええ、あと10週もないしタイヤはへたれてなかったのになんで???

順位は

優勝 ロズベルグ(メルセデス)棚ボタのモナコ3連勝
2位 ベッテル(フェラーリ)
3位 ハミルトン(メルセデス)怒りの3位。。多分チーム内に不協和音が出るだろうな
f0326399_07533929.jpg
                                      AUTO SPORT

そしバトン(Mホンダ)8位 念願の初入賞

ホンダはラッキーな入賞かもしれないが
それがモナコそれがレース
目指せ次も入賞
f0326399_08145340.jpg
                                     AUTO SPORT



第7戦 カナダGPは6/7

2015年 F1シリーズ







by yamamichishake | 2015-05-25 08:17 | 自動車 | Comments(0)
2015年 05月 22日

モナコGPフリー走行


F1GPは通常金曜日がフリー走行、土曜日予選、日曜日決勝なんだが
モナコGPの日程を見たら木曜日がフリー走行になっている(゚д゚)!

どうやら金曜日はレニエ大公主催のパーティーを始め
世界中から集まるセレブ達のパーティが行われるので
そのセレブ移動の為コースは普通の公道として開放されるからなんだって


単なるスポーツイベントではなく国を挙げてのお祭りなので
やはりモナコGPは特別なんだなあ


フリー走行の結果は

FP2でマノーがクラッシュしたため赤旗中断
その間に雨が降り出したので誰も走らず

中断前のドライ状態で出したメルセデスのハミルトンが1位で 1:17.192
Mホンダはアロンソが1.714落ちの8位
バトンが2.414秒落ちの15位と
コンマ数秒差の大混戦中断グループの位置でまずまずのスタート
f0326399_20450287.jpg
                                  TN News




土曜の予選で1:17秒台が出せればQ3進出は可能
抜き所のほとんどないモナコでは予選結果がそのまんま決勝につながるので
頑張ってほしい






by yamamichishake | 2015-05-22 00:01 | 自動車 | Comments(0)
2015年 05月 21日

調査?


東横線の廃線跡に何やら人が


結構若い人達だけど都市整備局の人かしら
f0326399_16010704.jpg

そういえば去年の秋にあったこのイメージ図が無くなってるんだけど
計画頓挫したのかしら
f0326399_14453854.jpg

と思ったら工事が始まった
でも工期がやけに短い
f0326399_16395864.jpg

何するんだろう
f0326399_16405095.jpg






by yamamichishake | 2015-05-21 00:01 | 鉄道 | Comments(0)
2015年 05月 20日

青春時代の車たち 1 オート三輪


三月に書いたF1 よもやま話のあとは何にしようかなと思ってた矢先
昔の車雑誌を借りて眺めてたら懐かしくなり
子供んときはどんな車が走ってたっけと思い浮かんだので
次のテーマは子供のころも含むが「青春時代の車たち」にした



第一回目は「オート三輪」

子供のころは乗用車より目だっていたのでよく覚えている

エンジンの上にサドルがありバーハンドルはオートバイの三輪版
後に丸ハンドル二人乗りに進化した
今現役で走ってるのは見ないけど軽便・安価で悪路と過積載に強く小回りが利いたので
1930~1960年代に隆盛を極めたが価格性能比に勝る4輪トラックが普及し姿を消した

くろがね、マツダ、ダイハツがトップメーカーだった
そう大村崑のTVCM「ダイハツミゼット」は覚えてる方が多いと思う




それからオート三輪の動画もありました




くろがね


日本内燃のブランド
日本内燃はエンジンメーカーとして圧倒的な性能優位にあったが
量産体制の遅れや4輪トラックの普及で会社は衰退
しかし紆余曲折を経て現在は日産のエンジン会社「日産機工」として存続している
そうそうホンダに入る前の中村良夫は日本内燃でくろがねの設計をしていた

名前は知っているがマツダ・ダイハツのほうが印象が強く
車の記憶があまりない
f0326399_10124128.jpg


ダイハツ


なんといっても代表はミゼット

バーハンドル
f0326399_10251330.jpg

丸ハンドルになったMP4
f0326399_10291083.jpg
よく見かけてた2屯積
f0326399_10324858.jpg


マツダ

寄り目の顔はダイハツより目立ってたし、つい最近まで走ってたような錯覚になる

T1500
f0326399_10390885.jpg
ミゼットのライバル
K360
f0326399_10454761.jpg
                                         全てYahoo画像より




                             つづく

次回予告

トラック・バス








by yamamichishake | 2015-05-20 00:01 | 自動車 | Comments(0)
2015年 05月 19日

車雑誌


阿部チャン床で1967年(昭和42年)モーターファン3月臨時増刊号を貸してもらいました

タイトルは

'67世界オートレビュウ

国産・外国産乗用車/商業車(バン・トラック・バス)/国産・外国オートバイ

とまさしく全車種レビュウ
f0326399_13365677.jpg
トヨタ・コロナ/パブリカ
 ニッサン・セドリック/グロリア/ブルーバード/サニー
マツダ・コスモ/ルーチェ/ファミリア/キャロル
いすゞ・117/ベレル/ベレット
三菱・コルト/ミニカ
ダイハツ・コンパーノ/ベルリーナ/フェロー/ミゼット
日野・コンテッサ
スバル・1000/360/サンバー
ホンダ・S800/N360/T360
スズキ・スズライトフロンテ

いやー懐かしい車が盛りだくさんで楽しくなってしまった

これがボクの最初に乗った車で買ったのもこの年だったと思う

HONDA N360

ナルディタイプステアリング・木目調シフトノブ・砲弾ミラー
マフラーカッター・フォグランプ・リアアウトレットカバーがついた白のSタイプ
エンジンが高回転型なのでうるさかったけど運転してて楽しい車だったなあ
タイヤをラジアルに変え初めて走った奥多摩ではコーナリングの良さにビックリしたっけ
f0326399_13393400.jpg


出た、懐かしの写真
多分昭和43年夏兄貴と伊豆へドライブしに行った時
f0326399_13422445.jpg




で、もう一つ面白かったのが広告のキャッチコピー


スバル1000のキャッチコピーがなんとも凄い

「風速10mの向かい風に時速80kmで直線に走る」

って、その当時向かい風でまともに走れる車なかったの?
f0326399_13512465.jpg


スカイライン2000GTBの広告だが
技術力をアピールしてるんだろうが「レース仕様車です」と謳ってるのがなんとも

2000BTBは好調に売れたが無知なユーザーから
「アクセルを踏んでエンジンをかけようとしたり
1800rpmくらいでODに入れスバルに抜かれる」といった苦情が出たため
外観はそのまんまにしてエンジンをディチューンしたGTAを発売したそうだ
f0326399_14075443.jpg


高速道路走行を意識した安全啓蒙広告でもある
f0326399_14112616.jpg


ダットサン サニーの広告は旋回性能がすごいことを訴えている

「富士スピードウェイのヘアピンカーブをセダンでは限界と思われる時速65kmをテスト。
サニーは不安の無い、吸い付くようなバランス走法で走り抜けた」
と説明している
f0326399_14140385.jpg



圧倒的に性能の上がってる現在の車では考えられない広告コピーが
なんとも時代を感じる






by yamamichishake | 2015-05-19 00:01 | 自動車 | Comments(0)
2015年 05月 18日

横浜トライアスロン観戦記


毎年恒例になった世界トライアスロンシリーズ横浜大会

今年も二日目のエイジに竹谷さんが出るので会いに行ってきました

土曜日はエリートの部で世界大会にもなっており
竹谷さんは一日スペシャのブースに詰めている
f0326399_12592299.jpg


そして日曜日の応援ですが去年は見てないので
竹谷さんのレースは初めて

今年のスペシャブースは真ん前がRUNコースで観戦には絶好の場所
ブース内にちょっとbikeを置かせて頂きました

土曜と違い天気は最高
f0326399_14124579.jpg

まずは撮影ポイントのロケハン


1500名近くのエントリーでトランジションはすごいbikeの量
エリア内は選手以外立ち入り禁止なのでSWIMからBIKEに乗り換える姿の撮影は断念

SWIMはあがってくる所に決定
BIKEは横浜らしいところで背景をHOTEL NEW GRANDに決定
RUNはスペシャブース前に決定
f0326399_14074580.jpg



竹谷さんに各パートの目標タイムを聞きいざ撮影スタンバイ
f0326399_17475910.jpg



レース前の竹谷さん
MTBエリートライダー時代には決して見せなかった満面の笑顔
心から楽しんでますネ~
f0326399_14190407.jpg



SWIMからあがってくるところを狙い
予測timeあたりからファインダーを覗いてたんだけど
間にスタッフが入り込んだりとかなんだかんだで40分経過
どうやら見逃してしまった
ここは絶好のポジションだったんだけどなぁ(>_<)
f0326399_14213679.jpg


BIKEは6.6kmを6週(40km)

NEW GRAND前は折り返しポイントなので全部で12回撮れる。。。。予定
ところがイチョウ並木の間隔が以外に狭いので見通しが悪く直前までこないと解らないことが判明
おまけにSWIMあがりを待ち続けたのでどのタイミングで竹谷さんが来るか解らない

聞いていたヘルメット・ウェアを目を皿の様にして探し中々発見できなかったけどやっとめっけ

およそ10分で周回してるのであとは簡単と思ったが
他の選手と重なったり中々ベストアングルにならないまま3周回分しか撮れなかった

当たり前だが誰よりもライディングが綺麗で圧倒的に早い!
f0326399_14341001.jpg
f0326399_14370426.jpg

RUNはスペシャブース前なので十分余裕
と思ったがここでも選手が重なったりして以外にやっかい
しかも2ラップなのでチャンスは4回


上体のブレが無く前傾のかかった力強い走り
f0326399_14590416.jpg
f0326399_14463162.jpg


SWIM 1.5km
BIKE 40km
RUN 10km


RISULT 

SWIM 0:29:18 220位
BIKE 1:05:38 2位
RUN 0:36:42  22位
総合 2:11:38  20位
年齢別順(45~49) 4位

ちなみに総合1位は 2:02:13 31歳の方です
TK46歳エイジとしてはメチャクチャ早い!!

トライアスロンを始める前は殆ど泳げなかった人がこんだけ(゚д゚)!
SWIMをあと5分縮めれば年齢別で1位

引退してもやっぱアスリートだわ


そんなわけでヘボ写真ばかりで恥ずかしいんですがアルバムにしたのでUPします

2015年横浜トライアスロン大会








by yamamichishake | 2015-05-18 00:01 | 横浜 | Comments(1)